BLOG

DX・AI人材育成DX・AIプロジェクト推進

twitterfacebookLINE

学生向けサービスを法人向けに販売し、反響を得られた理由とは?ーSTANDARDのAIエンジニアリング講座を掘るー

2020年06月22日

株式会社STANDARD(以下、STANDARD)の創業期から反響をいただいているAIエンジニアリング講座は、学生起業でサービスをスタートさせながらも、開発時から多くの企業や個人の方から高評価を得ています。今回は、その秘密や開発の経緯に迫るべく、STANDARDの代表取締役石井大智氏にインタビューしました。

創業メンバー、写真中央:代表取締役石井大智氏

石井大智

株式会社STANDARD代表取締役CEO
1995年生まれ、千葉県出身。早稲田大学在学時より、製造業の効率化のための統計解析を学ぶ。東大生のメンバーとともに東大人工知能開発学生団体HAIT Labを設立し、学生AIエンジニア800人の集まるプラットフォームに育てる。AIエンジニアとしてDeep Learningによる医療解析の業務を複数社で経験し、現職。

ー石井さんは、AIエンジニアリング講座をSTANDARD設立前から準備されていたと伺いました。講座の準備をはじめられた経緯を教えてください

開発に至ったきっかけは、東大HAITという学生のIT学習コミュニティで、後輩に教える作業を自動化したいと思ったことです。同じことを何度もホワイトボードに書いて、自分の勉強時間を割いて教えるのは、とても効率悪く感じました。コミュニティに新しく人が入るたびに、1対1で教える必要があり、優秀な方ほど負荷がかかる状態になっていました。

その時、世の中も同じ構図なのではないか?と気づきました。自己学習でエンジニアリングを学んでいたとき、能力も経歴も光っている方から、自分のために時間をいただくのが、本当に申し訳なく感じました。とはいえ、独学で片付けようとすると、自分の案件の進捗が遅れたり、間違った理解をしてしまったりするため、優秀な方から時間をいただく方法しかありませんでした。

実務の現場においては、ある程度の基礎や、教えるべきことが決まっているにもかかわらず、優秀な方が仕事の手を止めて、教えなければならない現状があることを、実体験を通して感じ、優秀な方には、価値を生み出すことに専念をしてもらいたいと思いました

基礎を一通り習得する部分を、パターン化し、体系化できるのではないかと考え、IT学習コミュニティに新しく入ってくる後輩のために、AIエンジニアリング講座を作成しました。

ー個人や法人向けに販売することになった経緯を教えてください。

東大HAITの学部3年生のメンバーを、某企業のインターンに送りました。周りは東京大学や京都大学の院生のような、優秀な方しかいない中、彼の評価がとても高かったんです。彼はAIの勉強をはじめて、3か月でした。インターン先の企業から、「3か月でここまでできるなんてことがあるのか?」と言っていただき、AIエンジニアリング講座に注目が集まりました。この出来事がきっかけで、育成や研修に活用できることに気がつき、法人と取引をするために、会社を設立するに至りました。

ー会社設立後の反響はいかがですか?

さまざまな企業や個人の方に、長くご利用いただいています。実際にAIエンジニアリング講座を受講した人から「プロダクトを作りました」「最初の案件が取れました」といったお声もたくさんいただいています。

ー学生に向けて作成したものが、法人向けのサービスとして成立するということは、一般的にはあまりないことかと思います。なぜ法人向けに、活用できたのでしょうか?

作成当時、AI領域は、学生でも即戦力にならざるを得ない市場でした。2015年頃から、日本でAIが注目されるようになりましたが、2015年以前から仕事をし続けて、AIに関する技術を磨いてきたという方は、かなり少なかったと見ています。急速に需要が爆発し、経験豊富なプロフェッショナルが少ない中、学生も社会人も、ほとんどスタートラインは同じでした。AIに詳しい人材は、学生であっても企業から求められていたので、どんどん現場に出ていきました。学生でも社会人でも、技術について求められているものは大きく変わらず、講座は学生のためというよりは、これから伸びていくAI領域の中で活躍する人材育成のため、という意識で作られました。カスタマイズをせずとも、企業に向けて販売できたのだと思います。

ーSTANDARDで提供している技術顧問サービスについて、講座との違い、講座と合わせた活用事例を教えてください。

AIエンジニアとして自立するための3つのステップがあります。はじめは、手取り足取りの状態で教えてもらう、次に補助をつけながら、自ら自立するイメージ、最後に補助を外して自走するという3ステップです。2ステップ目に最適なソリューションがなかったので、そこに応える形でつられたのが、技術顧問サービスです。

学んだことを、実際に実務に落とし込み、仕事としていくと、新たな壁やわからないことが多く出てきます。そんな中でも、実際に開発に携われるよう、知見経験のある人からアドバイスをもらうことができます。

こちらの記事もおすすめ!
株式会社STANDARD
1970.01.01
株式会社STANDARD
https://standard2017.com/2020_05_29_507/
株式会社STANDARDは、独自のデジタル人材コミュニティを武器に、「ヒト起点」のデジタル変革をSTANDARDにする会社です。

【特別企画】DX推進に悩んでいる方向けに

記事を最後まで読んで頂きまして、誠にありがとうございます。

350社以上のデジタル変革を支援させて頂いた中で、DX推進における成功パターンや失敗パターンなどのノウハウが貯まってきました。

この度は、DX推進に悩んでいる方向けに、オンラインMTG(ZoomやGoogle Hangout等)での相談会を、無料で実施致します。

  • どのようにDXに取り組めばいいのか分からない
  • 社内の協力がなかなか得られない
  • PoCのプロジェクトが失敗してしまう
  • DX推進に必要なスキルや人材が不足している

などの、DX推進に関わるお悩みにお答えします。

下記リンクより、申込と日程調整をして頂ければすぐに相談可能です。
お気軽にお申し込みください。

株式会社STANDARD

「ヒト起点のデジタル変革をSTANDARDにする」をミッションに活動する会社です。独自のデジタル人材コミュニティを武器に法人向けのデジタル人材育成、コンサルティング、ソリューション開発といったサービスを提供しており、創業からわずか2年半で取引企業は350社を超えています。

株式会社STANDARDのその他の記事

一覧へもどる